男性派遣社員が稼ぎやすい副業はアフィリエイト

MENU

男性派遣社員に最も最適な副業はアフィリエイトだと思う理由とは?

私も派遣社員だった頃あらゆるネットの副業に手を出したと思う。初めは誰もが手を出す、株式投資やFX、信託投資などを少ない給料の中から毎月8万円貯金してコツコツ投資に回していた。

 

だが、リーマンショックで一気に資産は目減り。当時は技術が無かったこともそうなのであるが、景気に大きく左右されてしまう仕事は、株式もFXも派遣や契約社員の仕事と同じだと思った。

 

全体の流れに飲み込まれてしまうのだ。

 

しかし、ホンの数年前、bigtomorrowなどの副業雑誌を読んでいて「アフィリエイト」というビジネスの存在を知り、趣味のブログを活かして記事を書いていたら、いつの間にか生活できるレベルまで稼げるようになった。

 

当時始めたのは30歳をすぎてから。やはりある程度の年齢になってしまうと、派遣登録先も新しいところを探すのが非常に困難だと思う。

 

女性ならスーパーのバイトなどもあるが、フリーターが余っている時代に、アラサー,アラフォーのおじさんを高待遇で雇ってくれるところなどはない。本当に面接で冷たい思いをするし、履歴書もあっけなく戻ってくる。

 

面接に落ちづづけると、何が理由なのかも分からず、かなり混乱すると思う。

アフィリエイトのスタートには年齢制限がなく、そして性差別もない

バイトは若い子に有利。仕事は男性に有利。昔から言われてきたことであるが、アフィリエイトに関して言えば、年齢制限は全くない。男女の性差別に関しても皆無。

 

スタートはいつでも良いし、実力次第では派遣社員の数倍の年収を稼ぐ事が可能。初期投資だって、サーバー代とドメイン代と多少のツール代で合計5万円もかからない。

 

後はノートPCとネットにつながる環境さえ持ち合わせていれば良い。実際一度派遣社員になってから正社員へのハードルは極めて高いし、かといって何とか正社員になったとしても、そこまで良い生活が保障されているわけではない。

男性は年と共に年収が増えるのが理想的。アフィリエイトはそうなりやすい。

私が数ある副業の中でなぜ最終的にアフィリエイトを軸に選んだのか?というと、このビジネスだけは年と共に年収が上がっていきやすいという事

 

このようなHPの数が増えれば増えるほど、安定的に広告収入費が入ってきて、さらにその収入費を経費として使いながら、別のホームページを作っていくと、数の理論で収入が上がる。

 

やればやっただけ、給料に反映されるので頑張れるという好循環もうまれやすい。

 

派遣社員の場合はどうしても時間外勤務は無駄という意識が働いてしまうが、アフィリエイトの場合は、自分行動した全てが収入として跳ね返ってくるので、モチベーションが続きやすい。

 

50歳、60歳から初めても正しいやり方をすると、確実に報酬に結び付くこのネットビジネスを早めに知れて良かったと思う。