派遣社員の副業方法

MENU

派遣の副業サイトを作った思いを伝えたい。

派遣社員,契約社員,日雇い,副業,儲かる,稼げる,時給

私は30代半ばの日本語教師である。狭い業界なので名前は特定の人にしか明かせない。現在の年収は1000万を突破。不況の現在でも資産を伸ばし続けている。

 

しかしながら数年前までの私の貯金額は100万を超えたことはない。別にそれは無駄遣いをしていたわけではない、遊び暮らしていたわけではない。むしろ正社員以上に働き、長時間質の良い仕事を提供してきたと思っている。

 

だが、現在の法律・社会のシステム内では派遣社員が正社員を超えるような給料は絶対にもらえない。どんなにいいパフォーマンスをしてもだ。いわゆる搾取の構造があるからだ。

 

良く考えてみよう、あなたの所属している派遣会社の正社員の給料はあなたの2倍以上。そしてその派遣会社の役員はあなたの5倍以上

 

 

そしてお勤め先の正社員はあなたの2倍の給料を稼ぎ、その役員は数倍以上の給料をもらっているのだ!これは果たして正しいことだと言えるのか?正統な実力における評価だと言えるのだろうか

 

もちろん責任から解放される,長時間労働から免除される,すぐに仕事を変えられるなどのメリットがあるという人もいるかもしれない。

 

だが普通の日本人は例え派遣社員だろうが正社員だろうが、勤勉に働き、そして場合によっては長時間労働だって厭わないはず

 

例え自宅で子供が待っていても、帰りたい気持ちを我慢して仕事に打ち込む人は沢山いる。くだらない社員の会話に付き合ってあげる人もいる。

 

本質的には平等なのだ。

 

しかし現在のシステムではそうはなっていない。一方的な雇用解除・リストラなどは自由自在。不況だからね!という単純な理由で派遣登録先に電話一本で処理はOK.

 

何とも理不尽ではないか?私がこのサイトを作った本質的な理由はこれだ!「不平等からの解放」ここまで差がある派遣社員の潜在的な力を引き出し、一年働いも時給100円UPなどというありえない状況から救い出す。その方法を紹介するのである。

 

現在の税金のシステムが世代間の闘争であれば、職における闘争は派遣と正社員、そしてアルバイトの戦いだと言えよう。

 

派遣社員,契約社員,日雇い,副業,儲かる,稼げる,時給

 

もしあなたが現在派遣社員で将来に不安を抱えている、親の介護が迫っている、結婚などの将来のことに不安を抱えているのであれば、きっとここが一筋の光になると思う。もちろんこの方法が万人に成功を約束するものではない。しかし私は確信にみちている。

 

もしあなたが1時間、自分のための投資をする時間=文字を書くという行為だけをすれば一か月以内に時給100円UPなどあっという間。おそらく月給+1万以上は楽にクリアするはずである。

 

もしつらいと思ったらできる限り手助けはしよう。だが動くのはあなただ。価値を生み出すのはあなただ!そしてその価値はもう既にあなたの中に存在する。

 

それは「言葉」つまり「思考」である。このサイトブログ「1000万日本語教師の副業方法」を前に進めるるもう一つ車輪である。

 

はじめは疑ってよい。ただ30分だけ使って、この記事を読んでほしい。あなたが失うのは30分という命の時間だけ。私が失うのはあなたへの信頼だけだ。